余白が狭すぎる

ミックスジュース系オタクの独言

原田知世と歌+α

原田知世が80年代アイドルで総合的に一番好きと公言済みですが、理由は歌なんだよね。顔なら河合奈保子ってこれも言ったね。

私は時をかける少女を歌う原田知世に惚れたんですが、当時の彼女は正味へたっぴです。音程もビミョーに外してるしまあ全体的に不安定。声量とか表現力は二の次にして。基本歌の下手なアイドルは推せない(愛せないとは言ってない)私だけど、声質がとんでもなく好みの人は例外です。

とにかく声がいいんですよね。言葉にはしづらいけど。この声質、真っ直ぐで捻りのない歌い方がとても合うんだなぁ…。正直ちょっと危なっかしくても逆にイイくらい。拙い歌い方が良さを引き立てる。

第二に、楽曲がいい。これはもう本人の魅力にはいるの?って話だけど、その素晴らしい楽曲に歌い手が合ってるから…。

何曲かお気に入りを紹介したいと思います。お気づきの方いると思いますが私は彼女がアーティスト路線に入る前の方が好きですのであしからず!

 

1、時をかける少女

f:id:maruisan:20180918012707j:image

同名映画の主題歌なんだが、この映画ひたすらにエンディングがオツ。おもむろに起き上がって歌い始める原田知世可愛すぎんか?

このアップテンポアイドルソングでもなく、かと言ってシリアスな曲調なわけでもない、ノスタルジックさを感じるメロディーラインはこの映画と当時の彼女の雰囲気にピッタリだと思う。ユーミンは天才なんだなぁ。伴奏もドラマチックな感じでいいよね。

歌詞も夢の中をたゆたう様な不思議な感じ、SFもとい少し不思議な内容だった映画にあってると思う。

音楽番組で歌っているところを見ると、映画内での恋の行方も相まって物悲しさや郷愁を感じることもあるんだけど、エンディングでは何故か大団円での締めくくりに1役買っている感じ。やっぱりそれはあの多幸感溢れる映像のおかげなのかな。ラストシーンで悲しくなった視聴者がエンディングで何故か幸せな気分になり、そしてラストの原田知世の笑顔に撃ち抜かれるっていう一連の流れ、あるよね。

f:id:maruisan:20180918153457j:image

完全に照れてる。かわいい。

この歌は地声から裏声へのスライドが必要な部分が多く出てくるんだけど、そこの高音とか切りかえが少し不安定なんだよね。それがとてもいい。歌手としては欠点であるところを、逆にいいと思わせる声質と雰囲気を持ってるの、羨ましくもある。

 

2、天国にいちばん近い島

f:id:maruisan:20180918222638j:image

ボーイッシュな服装よりもお嬢さんっぽいスタイルの方が似合うと思うなぁ。

これも同名映画の主題歌ね。曲調がコロッと変わるところもあっておもろい。落ち着いた、癒しの伴奏が1曲をまとめてる感じ。

まあ普通に聴けば遠距離恋愛中のカップルの歌なのかな。片方の夢のために今は離れて生活してる感。

離れていても心配しない ふたりには目印しが光る

これは指輪かなんかのことだろうね。

ただAメロA´メロの歌詞だけ見ると死別した恋人に向けた歌にみえる。1番は亡くなった人が残してきた恋人に宛ててる。

いつも私のことだけずっと思っててくれなくていいの 自分の夢にすぐムキになる そんなとこ好きだから とても

まあわかりやすくそう。

2番は残された人が旅立った恋人に宛ててる。

オペラグラスをのぞく私を見つけたらそっと手を振って

オペラグラスで星空観察するわたしを見つけたら星を瞬かせて天国から合図を送ってね、って意味にとれる。私には。

まあ解釈は人それぞれだし、こんな聴き方があってもいいよなってことで。

そしてサビで繰り返される歌詞が

天国に あなた いちばん近い島

タイトルの間にあなたが挟まれてるから、素直に受け取ればあなた=天国にいちばん近い島ってことだと。

映画の中では天国にいちばん近い島に住んでる人はみんな幸せだみたいなことを言ってたから、あなたといればいつも幸せになれるよってことなのかな〜。

 

3、ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ〜

f:id:maruisan:20180918224948j:image

衣装かわいい!!!!

優しさで包まれるような曲調に歌詞、癒し以外の何物でもないのでは。結婚式に合いそうな曲。

たどたどしい感じの話しかけるような歌い方が相乗効果。辛いことがあった時、これは運命が用意してくれた大切なレッスンなんだ!って思いながら乗り越えたいね。

とても幸せな淋しさを抱いてこれから歩けない 私はもうあなたなしで

多分大方の人の耳に残るフレーズってこれだと思う。ラスト2回繰り返してるし。

これ1番は両親から主人公へ、2番はそれを受け取った主人公が彼に送るっていう、ストーリーをつけるとしたらそれが一番しっくりくるかな。2番のサビ、君はダンデライオン〜のままだけど。便宜上ね。

幸せな淋しさってなんなんだろうね。彼に出会ったことで知ることのできた淋しさってことかな。恋とか愛って淋しさを伴うんだろう。

高音のところにンの音をあてがってくるってなかなか難しい曲。

ユーミンは天才。

 

番外編、Woman〜Wの悲劇

同じ角川女優ってことでいいですかね?いれちゃって。

格段に歌上手い。CD音源、Aメロ辺り時々心もとないというか支えのなくなったような感じになるのがそこら辺の歌詞の雰囲気にあってる。サビはまあ圧巻だよね。女優だなぁ。歌い方が女優。

最初は語りかけるようなメロディーで始まり、サビ前3音で押し出し、サビはまるで時の河に押し流されるようなメロディーライン。そして最後は寂しげなAメロに戻るってドラマチックな展開。

伴奏も魅力的。控えめなピアノで始まり、間奏はAメロを一転し力強く。これもまた最後は控えめに戻る。シリアス〜!

Aメロはもういかないでっていう嘆願だったり、綺麗ねっていう呼びかけだったり、語りかける体で進んでくんだけど節々の歌い回しがよい。なんでこんな切なくなるんだろう。やっぱ薬師丸ひろ子の絶妙な感情のこめ方がいいんだろうな。

 

結局紹介した4曲中3曲にユーミンが歌作りに携わっているという。ユーミンは天才だわ(大事な事なので3回言いました)。

オワリ。

 

 

80年代アイドルブーム第2波が来た

やって見たいと何度も思ってたはてなブログ、とうとう開設に至ったのは私の中で80年代アイドルが、旋風を巻き起こしたからである。80年代アイドルヤバヤバのヤバ期とでも名付けようかな???!!!

第2波とは文字通りで、私は幼少期に1度80年代アイドルを溺愛していた時期があったのだった。

母は聖子ちゃんが大好きで、車に乗る度彼女のアルバムを流していた記憶。音楽番組で当時のアイドルの映像が流れると齧り付くように見ていたのはチビい私だ。当時からというか生まれた時からオタク気質はあったようで、両親はそんなことは無いのにね。オタクというのは突然生まれてしまうもんだなぁ。

という話は置いといて、当時はAKB全盛期前だったか。目立って輝きを放っていたアイドルはいなかったもんで、私のアイドルといえば画質が荒いパソコンの中で踊り歌う彼女たち(当時は古っぽいパソコンでテレビを見てた)。

時は流れAKBに夢中になった時期を経て、ハロオタへと醸成されていった私だが、たった今夢中になっているのは80年代アイドル。漠然と黄金期という言葉がふさわしい感じのアイドルの時代を生きた彼女らなんです!!れ!

で、なんで今また?って言うと、原田知世である。原因は全てそこに。

 

女優でアイドル、アイドルで女優。の原田知世

なんとはなしに時をかける少女見て、当時の少年さながらにハマってしまった。電流流れた!?純度100%の天使ですよね。角川のアイドル女優の格別級な上物、特別感は大好物です。

f:id:maruisan:20180917222144j:image

ショートカットが似合うのにボーイッシュな感じでもないの不思議よね。

まぁ単純に顔が好きなんですよね。なんか、パッと見普通にいそうなんだよ。進学先の大学とか、隣の高校とか。でも、いないんだよね、なかなか。それほど純度が高い!って感じの、素朴を体現したような感じが好ましい。

私はthe・小綺麗な顔、大好きで。目もでかくないけど綺麗で、鼻も口も形が整ってて絶妙なバランスを保って理想的な位置に収まってる。動画になると格段に美少女度が上がる。

f:id:maruisan:20180917221838j:image

かっ、かわいい〜、!!!! 

笑顔が一番好きかなぁ。みんなそうだけど。げっ歯っていうのかな。前歯が少し出てる、笑った時の口の形も好き。

声がすごい可愛くて、そうなると歌も好きなんだよね。昔の歌い方は拙いけど、今のこなれた感じより私好みかな。かざりっけのない真っ直ぐな感じか声質と相まってemotional。楽曲にも恵まれてて、まあその話は違う時にします。

最近ハマったばっかで出てる映画とか時かけ、天国に1番近い島、私をスキーに連れてってくらいしか見てないんだけど。やっぱ動いてるところが1番可愛いし、あのそよ風みたいな声、いいなぁ……私をスキーに連れてっての感想文も次書きたい。超軽めに。

世間を魅了し始めた当初は、歌もへたっぴだし演技も特筆するほどではなかったし(薬師丸ひろ子が凄すぎた説はある。Wの悲劇の歌唱は圧巻だったし…)顔立ちも同世代のアイドルと比べると華やかさには欠けてたけど、その未完成さが世間に愛されたある意味での完成形なのかな、という所見を述べて彼女についてはここで一旦締めます。

 

次に話したいのは、幼少期私の一推しだった河合奈保子顔も正統派、性格も良く歌も上手い優等生というイメージが強いな。

f:id:maruisan:20180917225152j:image

目はぱっちりいつでもキラキラ、鼻はすっとしていて極めつけには八重歯。文句の付け所のないスタンダード美少女アイドルじゃないですかね。整ったパーツ配置だけど鷲鼻気味な感じとか片八重歯とかちょっとそういう、抜け感が出るのがアイドルのお手本みたいな顔だなって思う。抜け感とかファッションの話かってなるけど。

f:id:maruisan:20180917225548j:image

もちのろんで動いてる方が可愛い。いや、超絶可愛い。八重歯、覗いてる感じがサイコーである。

スマイル・フォーミーとかラブレターとか王道アイドルソングすごい似合う。僕達のアイドル感がすごいもん。タッチの浅倉南ちゃんみたいなね。レベルの高い歌唱力、こういう曲ではあまり目立たないけどそこがいいんじゃないかな。

80年代アイドルで1番顔が好みです。今は芸能界から退かれ、海外で暮らされてるのかな?そういうところも好きです。あぁ永遠の私のマドンナ。

 

やっぱりこの人には触れておきたい!松田聖子、聖子ちゃん。

母の愛したアイドル、私も愛したアイドルです。アイドルといえばこの人!って真っ先に出てくる、私だけじゃないよね。

f:id:maruisan:20180917230507j:image

やーーーーーーっぱ可愛いね!!? 再確認しました。私はアイドルの正統派フェイスを河合奈保子に置いてるから、聖子ちゃんは濃いめで可愛い寄りな分類に入るかな。

目が大きい!唇もポテっとしてて、お人形フェイス。ドーリーって言葉がぴったり。

f:id:maruisan:20180917230923j:image

八重歯すばら。猫目すばら。表情が作り込まれてるって感じで、素朴とかとはまた違うけどまさにアイドルの頂点、圧倒的強キャラ。

歌も上手いよね。そして曲もいい。トップになるべくしてなった人なんかなあ。やっぱり顔が強いよね。顔に力がある。一つ一つのパーツが心を引き寄せる感じ、ある。

アイドルと言ったらこの人だよね!って最初にもおんなじこと言ったけど、それはいつまでも変わらないかな。わたしは。

 

総合すると原田知世が一番好きです(結局ね)。オワリ。